主婦だと住宅ローン審査に通るのは難しい?共有名義なら可能?

自分の家を購入する事はあこがれでもあります。

ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。

現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。

ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。

住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。

最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。

審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。

住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。

と言われています。

ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。

住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。

フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。

世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。

という点はこのメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが厳しい審査が待っています。

ですが、フラット35の審査は少し違う点もありまた、それに加えフラット35の審査特徴としてフラット35の場合、住宅の価値が問われます。

担保として十分かどうか、という点を重視する。

という事です。

色々な面から審査されるそうです。

自分の家を建てたい!と思ったとき銀行などから申請できるマイホーム購入時の融資がとても頼りになります。

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのかとても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋から紹介されたところやネットバンクなどでも受付可能です。

ですが、どの場合でも審査が必ずあり必ず合格するという事でもないので注意してください。

これから、新築または中古の家を購入される方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。

税金の中でも親族などから貰うお金によって税金が発生するもので例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、1割である11万円を税金として払う必要があります。

逆に言えば、これ以下の金額であれば申告する必要はありません。

他にも年齢や金額によって細かく決められているので、上手に返済していくためにも色々なケースを考えましょう。

税金についてもう少し、調べておくと良いですね。

今、住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方もどんな方も知らないと10年後に知っている人と大きな差がつく、是非試して頂きたい節税の秘訣をご紹介したいと思います。

申請するのとしないのでは年間約30万円も違うので、今からでも条件に当てはまるか確認してみて下さい。

申請可能となる方の条件として新築を建てた方、或いは、中古住宅を買取りされた方になります。

増改築をされた方は5年以上のローン期間が必要です。

個人情報を提示したりする場合もあるのできちんと確認してから、今より節約できるとこれからずっと楽になるでしょう。

今までの人生の中で一番高く大きな商品ともいえる、住宅ローンですが皆さんはどうやって決めましたか。

今後、借入れをしようと検索しながら調べているという方もまずは実際に利用している方の口コミを参考にしてみると良いでしょう。

ネットでも注目を集めているのが新生銀行です。

低金利というのが多くの方から支持される理由でしょう。

繰上げ返済をしたい場合の手数料も無料でしてくれますし、今月中に申込みをされると特典もあります。

とは言っても良い評判だけでないのが事実でもあります。

自分でも出来る範囲で調べてから相談してみると良いですね。

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。

住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査は大変厳しく行われます。

審査の合否判断には約1週間前後かかります。

結果は口頭もしくは電話で伝えられます。

審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。

契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。

たいていの場合、数十万~数百万単位の金額が指示される様です。

住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。

その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。

団体信用生命保険という保証の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。

これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。

団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。

自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅ローンを申し込む事が出来ますね。

人気のある住宅ローンを選びたいという方も多いですが、それよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数なのです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。

ですが、変動を選ぶと月々にかかるお金も一定でないために生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。

それでも、今は低金利といわれる時代のせいか約4割の方が変動でローンを組んでいるという結果もあります。

これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、後悔しない納得のいく選択が出来るように努めましょう。

今では住宅ローンにもいくつか種類があるので、人気の会社の商品はどれなのかを知らない為に、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

どうしても決められないという方はアドバイザーの意見を聞いて、ローンを組むという方法もありますが、有料のところが多いです。

ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、わざわざ有料で相談したくないという方が多いです。

中には仲介になってくれる方がFPの資格を持っている事もあり、無料で相談できる場合もあるので是非参考にしてみましょう。

実際に利用している方の口コミなども参考に調べておきましょう。

自分の家が欲しいと思ったときほとんどの人が住まいの融資に頼ると思います。

銀行や信用金庫などから申し込みができるので評判などを気にしながら選びたいですよね。

その様な場合は、口コミを読むと良いです。

サイト上には、資金関係はもちろんのことお客様に対する接客態度やお店が感じ良いかどうかまで細かい所まで観察し、自分が思った事とその良さを星の数で示している場合もあるので良い契約を結びたいと思っている人にとって良い例になるでしょう。

将来、新築を希望しているが十分なお金を準備できないそういった方には、安い中古物件の住宅ローンはどうでしょう。

ですが、必ず確認しておきたい点がいくつかあります。

一番は、借りたお金を返す期間が短い点にあります。

これは、ユーズドという面で耐久性が心配されるのもあり出来るだけ早く返済をしなければならないのです。

安価な価格で購入できる利点もありますが、しっかり調べないと思っていたよりも高い支払いを迫られるかもしれません。

古い物件だと改装することもあるので、その工事費も合わせて総返済額がいくらいになるか、事前に確認しておきましょう。

住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。

頭金が0円でもOK!という広告も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。

月々の支払いを少なくしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。

頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので目安は20%と言う事で、自分の支払える範囲でやっていくと良いでしょう。

一つの住宅を建てるのに、様々なローンがあるのですがその中でもつなぎ融資という一つのローンをご存知でしょうか。

これは、新しい家を建てるために必要な経費が不足している場合、一時的に補う目的で借りるローンの事です。

通常、建築が終わってから住宅のためのローンが開始されるためそれまでの工事費などは、こうした所から借りるのです。

とは言っても、金利が比べ物にならない程高く日割り計算のため一日でも早く手続きを済ませなければなりません。

なので信頼できる金融機関を探す事を第一とし、後悔しない計画を立てられるように詰めていきましょう。

夢の私邸を建てるため住宅ローンを申し込んだけど、審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。

もしも年収200~300万円の方は難しいかもしれません。

健康状態や、務めてから三年以上経過しているかも関係します。

過去に一回でも支払いが出来なかった方は、審査の時点で落とされてしまう可能性が非常に高いです。

どうしても結果に納得の出来ないという方は、再度きちんと支払いをしているか確認してみて下さい。

スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

参考:主婦は住宅ローン審査に通らない?職業と収入基準は?【借りられる銀行】

住宅購入を検討されている方も多いと思います。

購入するには住宅ローンを組まないといけません。

住宅ローンは信用金庫・ネットバンク・銀行などが承っています。

ローンの申し込みをする際は、金利・審査・諸費用がかかります。

審査結果が解るのは約1週間前後の時間がかかります。

ローン金利は契約すべてが終了した月の金利が適用されます。

諸費用は色々な物が含まれ、人それぞれですが数百万単位が多いです。

住宅購入を考えても自分の家になるまで必要な事をクリアしていかないといけません。

自分の家になるまでには3.4カ月の時間がかかります。

住宅ローンを検討している方や既に申請されている方も、これから紹介する情報を聞くか聞かないかで10年後に全く変わる早速、実践して頂きたい秘密の節税対策をご紹介します。

1年間で30万円ほどの節約になるかもしれないので、気付いた今からでも申請可能か問い合わせてみましょう。

対象となる方は自分が住むために新しく家を建てた方で、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。

更にローン期間が10年以上である事が必要条件になります。

個人情報を提示したりする場合もあるのできちんと確認してから、少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

住宅ローンは長年支払いをする物ですから、フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。

世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。

という点は35年という長い間、世の景気に左右されることなく、そんなフラット35の審査は、一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。

また、それに加えフラット35の審査特徴として他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。

という所です。

貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。

逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。

住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。

頭金は一切かかりません!と言った様な広告もありますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。

月々の返済を少しでも楽にしたければ、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。

頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。

借り換えとは、他の銀行へ住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、月々の返済が楽になるメリットがあります。

ですが、借り換えをして必ずメリットがある。

という訳ではありません。

なぜなら、借り換えに数十万単位の金額がかかるからです。

無料で借り換えが出来る銀行はほぼ0でしょう。

借り換えを検討する際はそういった諸費用も含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。

利用者の多い住宅ローンで検討中という方もいますが、実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので計算もしやすいだけでなく、総返済額も正確に分りるからです。

けれども、変動の場合は金利によって金額も変わるので生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。

にも関わらず、低金利時代をいわれる今の時期は全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。

こうしたデータも参考にしながら、金利傾向を把握して後悔しない納得のいく選択が出来るように努めましょう。

将来、住宅ローンの申込みを考えている方はボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

高額なお金が手に入った時にまとめて返せれば、一ヶ月あたりに返済すべき金額が減るので負担が軽くなります。

けれども、特別収入が付与されない会社も多く年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。

なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。

自分の家を購入するとき資金繰りとして利用するのが住宅ローンです。

申し込み方法は、銀行または信用金庫他にはネットバンクなどからも申し込み可能です。

とはいえ、どの銀行の場合でも融資実行可能なのかどうか、という審査があります。

重要視される点は職業と勤続年数、そして年収が主なポイントです。

あわせて、過去の金銭トラブルなども判断材料になりますから万一心当たりがある場合は最初にそちらを整理し申し込みをされると良いでしょう。

家を購入しようとしたときに最初に来る難関は支払の事をどうするか。

という事だと思います。

多くの方は、銀行などから住宅ローンを申し込みすると思います。

ローンの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。

期間は最長で35年もありますので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険にも加入するように言われます。

この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合借金がなくなる。

という事で、残された家族にもありがたい保険です。

マイホームの資金繰りの役立つのは住宅ローンです。

受付は、銀行や信用金庫の窓口で承っています。

申し込みの際には、様々な資料が必要になります。

結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。

以上の事から、申し込めば確実に通る。

という風な単純なものではありません。

通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。

一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。

住宅ローンの金利は大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。

どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行側から薦めなどはありません。

基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。

また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。

と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。

どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

今後マイホームを購入される方や住宅ローンを検討している方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。

生涯の中で一番大きな買い物とも言えるかもしれません。

それ故、利息が安いからという理由だけで決めないで下さい。

おすすめとしては、実質返済すべき金額を見る事です。

どんなにお得な金利で申込みをしても他の部分で費用がかかると、つまるところ、実際返済額が増えてしまう場合があるからです。

それから変動金利や固定金利のそれぞれの特徴も合わせて、目先の事だけでなく将来を見据えた上で選択しましょう。

選択に迷った時は評判をみてみるのも一つの方法ですね。

マイホームを持つ。

というのはあこがれるものですよね。

とはいえ、家は高額な買い物です。

以上の事から、支払をするにする。

という様子は誰でもできる事ではありません。

では、借金をするための住宅ローンはどういった所を選べば良いのか。

一番いい方法は銀行または信用金庫がおすすめです。

自分でどこの銀行から借り入れするか選択しても構わないのですが不動産屋と銀行が連携している場合もありますので、担当者に全て任せる。

という方法もあります。

人生で最も高い買い物といっても過言ではない、住宅ローンですが皆さんはどうやって決めましたか。

まだローンを組む銀行が決まっていないという方も、別の銀行で借り換えを考えている方も口コミを見てみましょう。

一番利用者が多いといえるのが新生銀行です。

低金利というのが多くの方から支持される理由でしょう。

また繰り上げ返済時の手数料や保証料が無料で、今月中に申込みをされると特典もあります。

ただし良い評判だけではないのはどこの銀行も同じです。

実際にスタッフに問い合わせるなど自分でも確認してみましょう。

自宅購入を考えた時住宅ローンが資金繰りに役立ちます。

銀行・信用金庫から申し込み可能ですがマイホームを購入するときは不動産屋に行く方が多いと思うので不動産屋と提携している金融機関に申請しても良いでしょう。

返済期間はそれぞれですが一番長いもので最長35年が選べます。

しかし、この35年というのは申込者の年齢によってはできないこともあります。

世間的に、40歳以上になってからの申し込みはなかなか通りづらい。

という傾向が強いようです。